スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

NHK手話講座(谷千春先生)の口コミ、体験談、レビュー

谷千春さんのワンステップ手話講座なら自宅で日常的に役立つ手話をマスターできます。

ワンステップ手話講座(谷千春先生)口コミはこちら



ワンステップ手話講座を実戦した方々の口コミ体験談

とても楽しんで手話を学んでいくことができる、
初心者の方だけでなく経験者の方でもお勧めのDVDだと思いました。

手話のスピードもゆっくりで見やすかったですし、
解説もとても丁寧で見やすかったです。

またコラムのコーナーでは、参考書にも書かれていない海外で使われている
手話や日本国内の方言などを知ることができ、より多くの手話を学べて興味も
深まりました。

基礎の手話もしっかり学べて、さらに手話の興味がわくDVDなので、
是非続編にも期待します。


【手話歴】
最後に、手話歴ですが、幼稚園の頃から、手話歌をやっていたことがあり、
高校2年間学校の授業で手話を習っていました。

その後、大学の手話サークルに入り、谷千春先生からのご指導も
月に一度受けています。

そして、手話技能検定3級を取得しています。

--------------------------------------------------------------------------------------
感想が少しでもお役に立てられたら光栄です。

私は、「グッドジョブ!」と人を褒めるとき、
つい相手に向かって親指を立ててしまう癖がありました。
以前はなんとも思わなかったのですが、この手話講座のDVDを見た以来、
この親指を立てるしぐさの「内容」に驚き感心しました!

親指を立てるしぐさ、つまり「サムズアップ」は、日常生活において、
色んな意味でよく使われてますが、はたしてそれは手話の世界でもあてはまるのか
というと、そうではなかったんです。

DVDに収録している内容だけで、幾つの意味がありました。

そしてそれは、人々が使い慣れていた意味とは全く異なるものでもありました。

指文字ではひらがなの「た」を表す時もあれば、「男」という性別を指す。

さらに付け加えておくと、位置によっては「男の人」「夫」、
もう片手の小指を立てて並べば「結婚」、人差し指をほっぺたに触ったあとにそれを
すると「お父さん」、両手で頬っぺたに触り、片方の手をサムズアップしたら
「おじさん」など。

それに辞書で調べたら、サムズアップしたまま前に出せば「だめ」
という意味になるらしいのです。

私はこの前まで、日常で慣れ親しんでいたジェスチャーは、手話の由来になんらか
関連していると思ってましたが、上記のようにそうでもなかったことに少しながら
衝撃を受けました!

またDVDを見て学んだことはたくさんあります。
「手話は合図ではなくて、言語である。そしてかなり地域的な言語である。」

これはDVDを見始めた頃の感想だったのですが、最後まで見続けると、私は手話に
対するイメージが一変したんです。

手話は形象文字みたいなものだと思い始めた。

ボキャブラリーの解説をしてくれる時に、ものごとのイメージや形状で手話にしている
ところが多かったからだと思います。

それらを見て、覚えていくのもまた手話の醍醐味であると私は思いました。

谷千春さんのワンステップ手話講座を実践された方々の評価が高いですね。

ワンステップ手話講座公式サイトはこちら

スポンサーサイト

  • « 
  • TOP
  •  »